本当の幸せ

本当の幸せ

あなたにとっての幸せとは?人それぞれ幸せと感じることは違うかも知れません。だけど、こんなことをよく耳にします。「本当の幸せって何だろう。」誰もが感じる、または、感じなくても本来あるべき幸せとは。本当の幸せを知ることができれば、きっと人生は変わる。



お金で幸せにはなれない

お金で本当の幸せを手に入れることはできませんが、幸せになるためにはお金が必要です。

矛盾しているように思えますが、分かりやすく言えば、幸せのタネはお金じゃないけど、不幸のタネはお金である、ということです。

理想と現実 「現実」とは


こちらの記事にも書いてありますが、まずは生活ができなければいけません。
 
いくら幸せはお金じゃないと言っても、現実はお金がなければ生きていくことはできません。
 
人間の脳が発達しすぎたばかりにできてしまったこの社会で生きていかなければならない。
 
まずはこの現実を受け入れることが大切です。
 
本当の幸せを感じるために、一番の不安要素である「お金」はなければならないのです。
 

人からの評価で幸せになれない

お金持ちになって、誰もが羨むような生活をしたり、有名人になって、周りの人にチヤホヤされたり、人から評価されることは、とても気持ちがいいことだし、幸せを感じます。
 
しかし、それは本当の幸せと言えるのか。
 
もしも、それでしか幸せを感じれないのであれば、それはとても危険な状態にあると思った方がいいでしょう。
 
なぜなら、人から評価されなくなった時、幸せを感じることができなくなってしまうからです。
 
実はこれは、幸せの面だけでなく、教育の面でも大きな問題だと考えています。
 
評価が全ての日本の教育では、
 
言われたからやる。
言われてないからやらない。
見てるからやる。
見てないからやらない。
 
このように、自分の意思で行動の選択をできなくなってしまいます。
 
両方に共通することは、周りの目を気にしているということです。
 
日本人は、本当の自分ではなく、周りの人が理想とする自分を演じます。
 
これは非常に危険であると私は考えます。
 
そもそも、そのような生き方は息苦しいですし、周りの人が求めなくなったら、あなたという人の形がなくなってしまうからです。
 
常に周りの目を気にしながら演じてきたせいで、本当の自分が分からない。
 
どう振る舞っていいのか分からない。こんなに不幸なことはほかにありません。
 
人からの評価は確かに大切なことですが、それは幸せとは繋がらないし、むしろ必要とされなくなった瞬間、不幸を感じてしまいます。
 
人の目を気にせず生きることが、幸せへの第一歩なのかもしれません。
 
 


失いたくないものから考える

本当の幸せは何なのか。
 
という考え方から逆の発想をしてみて、無かったら嫌なものは何か。を考えると自然と本当の幸せが見えてきます。
 
これは人それぞれかもしれませんが、私は次のように考えます。
 
 
1.人
2.夢・希望
3.金
4.人からの評価
 
 
この4つである必要も無いですが、生きていく上でこの4つが人が幸せを感じるのではないのかなと私は思っています。
 
そして、上位なものが満たされている時に、下位の幸せを求めると考えます。
 
よくない例になりますが、戦争の渦中であったり、震災の被害にあったりすれば、お金や人からの評価を気にしていられますか?
 
自分の家族や友人が生きているかどうか。
 
戦争を終わらせるためには、復興させるためには、そのようなことを考えるのではないでしょうか。
 
しかし、これらが満たされていると、どれだけお金を持っているのか。
 
出世をしたり、すごいことを成し遂げて人に評価されたい。
 
そのようなことを考えるようになります。
 
でもこれはダメなことでは無く、自然なことです。過去にどんなに辛いことがあっても、1や2が長い時間満たされていれば、3や4を求めるようになるでしょう。
 
そして1や2を忘れた時に、失敗をしたり、大きなものを失ったりして、何が大切なのかを思い出します。
 
これの繰り返しです。
 
何が本当に大切なのかを、常に満たされていても忘れないこと。
 
それがとても重要なことだと、私は考えます。
 
自分の大切なものを、思い浮かばない人は失いたくないものを、考えてみてください。
 
 

 

本当の幸せとは人である

人が一番悲しみを感じるのはいつでしょう。
 
人が一番幸せを感じるのはいつでしょう。
 
テストで悪い点を取ること?
仕事で失敗をすること?
宝くじがあたったこと?
大会で優勝したこと?
 
 
人が一番悲しみを感じるのは、人が死んだ時。
 
人が一番幸せを感じるのは、人が生まれた時。
 
私たちは、人である前に、動物の一種であることを忘れてはいけません。
 
「命」がなによりも美しく、尊いものであるのかを忘れてはいけません。
 
なぜ恋愛は世界中で素敵なものなのか。
 
全ての人が幸せを感じるのか。
 
なぜ孤独は寂しく、人と共に過ごす時間はあんなにも楽しいのか。
 
なぜいくら苦しくてもその夢を追い続けることができるのか。
 
なぜいなくなってしまったあの人を思い出す時に、笑顔しか思い浮かないのか。
 
人は人と繋がり、支えあって生きています。というより、そうでなければ生きていくことはできません。
 
見ず知らずの人が一生懸命働いてくれたから自分は豊かな生活ができ、また自分が一生懸命働いたことによって見ず知らずの人が豊かに生きることができる。
 
遠い人の存在ですらこれだけ大きいんです。
 
身近にいる人がどれだけの存在なのか。
 
言う必要もないでしょう。
 
 
受験に合格した。
オーディションに合格した。
県大会で優勝した。
就職先が決定した。
出世した。
 
 
たしかにその事実は嬉しいし、幸せを感じます。
 
だけど、思い出してみると、一緒に喜んでくれた人の笑顔が思い浮かびませんか?
 
どんなことがあっても、幸せを感じるのは人なんです。
 
全て人なのです。
 
そして、先ほども言ったように、一番悲しみを感じるのも人なんです。
 
だからこそ、人を大切にしなければならない。
 
その人と過ごすことができる時間は限られています。
 
周りにいる人たちを大切にしてください。
 
それが、何よりの、本当の幸せだと私は思います。
 

 

まとめ

「本当の幸せは人である。」

 

これが私の答えです。
 
共感してくれる人もいるかもしれないし、違う意見の人もいるかもしれません。
 
だけど、自分の中にある本当の幸せを、絶対に忘れないでください。
 
これだけは是非お願いしたいです。
 
このことを実現させるためにも、現実を生きることが非常に大切になってきます。
 
こちらの記事も合わせて読んでください。
 

理想と現実 「現実」とは


自己啓発カテゴリの最新記事