語学 変態シャドーイング勉強法|他の作業をしながらLet’s study

語学 変態シャドーイング勉強法|他の作業をしながらLet’s study



まだ読んでない方はまずこちらの記事を↓
>英語を話したい人必見!?語学の習得に近道はない。最も有効な勉強法とは?

なかなか勉強が続けられない。勉強する時間を作ることができない。

今回はそんな人へとっておきの勉強法を紹介します。

※注意:周りから見ると変な人に見られるので気をつけてください。



定型文のリスニング教材を見つける

こちらの記事に書いてありますが、語学習得において有効的な方法 シャドーイング。

その時に大切なのはどんなものを選ぶかということ。

探してみると、単語であったり、例文、物語など、様々なものがあります。

すでにある程度話せる人は別にして、 定型文がひたすら流れるものを選ぶようにしましょう。

例えば、僕が実際に使ってるのはかんな感じです。

ひたすら短文が流れます。

実際の会話に役立たせたいなら、このタイプが最もオススメです。

難しい内容ではなく、生活している中で実際に使うようなシンプルな文がどれだけ多く頭の中にあるか。

これが話せるようになるための大きな鍵となります。

YouTubeでも探せばたくさんあるので、自分に合ったものをまず探してみてください。

他の作業をしながらシャドーイング

仕事や家事、まあさすがに勉強をしながらってのはこんがらがってしまうと思いますが、他の作業をしながら、実際にシャドーイングをしてみましょう。

僕はブログ記事を書きながらよく一人でぶつぶつ言っています。

ここで大切なのは、 音をしっかり拾うこと です。

意味を理解するのではなく、音を耳で聞いて、同じ音を口から出す。

それを他の作業をしながら。

なんか少し難しそうに聞こえてきますが、大きなメリットはあります。

メリット1:時間の節約

冒頭でも言いましたが、時間の大きな節約となります。

いちいち勉強の時間をとる必要もなく、他にやりたいことがある人の場合、そちらに時間を使うこともできます。

運動をしよう!と思ってる人は、この方法なら運動も勉強も同時にすることができます。

メリット2:続けやすい

勉強をしよう!と思ったり、机に向かわなきゃ!と思うと、なかなか行動できませんよね。

だけど、家事をしてるときに、「ちょっと流そうかな。」と思って、口ずさむくらいなら続けられると思いませんか?

音楽を聞きながら歌を口ずさむように、シャドーイングをするだけでいいんです。

メリット3:リスニング力アップ

他の作業をしながら聞くということは、文字を見ずに音だけで聞き取らなければなりません。

最初はなかなか聞こえないかも知れませんが、しっかり音を聞くようにして、それをそのまま発音できるようになれば、だんだんと、不思議と単語の一つ一つ聞き取れるようになってきます。

メリット4:英語脳に近づく

日本語で考えてもらえば分かると思いますが、特に単語や文法を意識することなく頭の中で文を作っています。

ペラペラという状態はこれを英語で行うわけですが、「覚えよう、覚えよう」で覚えたものは、頭の中で考えて、翻訳して、という作業が必要になってきます。

しかし、他の作業をしながらすることによって、脳の無意識の部分で覚えていきます。

英語を逆に意識しすぎないことが、自然な英語脳につながります。

デメリット1:周りから見たらやばい奴

この勉強法の唯一の最大の欠点。

周りから見ると相当変な人に思われるので、人がいないところで勉強することをオススメします。

間違っても通勤・通学中の電車内などではやらないようにしてください。

通報されても責任は負いかねます。

シャドーイングじゃなくても、とにかく話す

聞いたものをそのまま繰り返すシャドーイングをマスターしたら、今度はそれを聞かずに口から自然に出るように練習しましょう。

全く同じ文をコピーでいいです。

聞かなくても、自分の頭の中にその文が存在することが大切です。

文の流れや響き、リズム。

シャドーイングでなくても、ひたすら口にする。

これが英会話の必勝法です。

まとめ

理屈とか方法とかどうでもいいので、とりあえず行動すること。

語学習得は継続。

これにつきます。

才能だとか全く関係ありません。

誰よりもその語学に触れる。

是非モチベーションを保って、この変態勉強法で語学を習得してください。

海外カテゴリの最新記事