外国人はみんな自信家でメンタルが強い?日本人との違いは一体。

外国人はみんな自信家でメンタルが強い?日本人との違いは一体。



外国人はみんな自信家で、メンタルが強いというイメージはないですか?

様々なアンケートでも、海外と日本では大きな差があります。

実際に外国人は自信に満ち溢れてメンタルが強いのか。

また、そうだとしたらその理由は、一体なんなのでしょうか。

※日本人、外国人という書き方をしますが、全員がそうと言うわけではなく、書きやすいのでそう書いています。


Advertisement

日本人は自信を持ってる人が圧倒的に少ない

2014年6月に「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」(※1)が公表された。

世界7カ国の13~29歳の男女を対象にした意識調査なのだが、このなかで「自分自身に満足している」という質問に「そう思う」と答えたのは

1位 アメリカ…86.0%
2位 イギリス…83.1%
3位 フランス…82.7%
4位 ドイツ…80.9%
5位 スウェーデン…74.4%
6位 韓国…71.5%
7位 日本…45.8%

という結果で、日本は極端に満足感が低かった。

参照:スタディサプリ

少し前のデータではありますが、日本人が圧倒的に自信を持っていないことが分かります。

お隣の国、韓国ともこれだけの差があります。

これは、国の環境や教育に問題があると考えられます。

起きてしまっている現実を変えることはできませんが、この事実を皆さんはどう受け取るでしょうか。

私はこれはとても大きな問題だと思います。

一見、まだまだこれから上を目指す。というデータにも見えますが、

半分以上の人が「そう思う」と答えてないというのは、そうは考えにくいと思います。

皆さんのイメージ通り、外国人は自信をしっかり持っていて、日本人は自信を持っていないというのは、データにもしっかり表れています。

関連記事
>自信をつけるたった1つの方法

自分が大好き

外国人のSNSを見てみるとわかりますが、非常に自撮りが多いです。

日本でもたくさん見ますが、外国人は一人での自撮りが本当に多い。

実際に話してみても、自慢をする人がすごく多いです。

外国人は単純に、今の自分自身を愛しています。

日本人にそういう人はどのくらいいるのでしょうか。

日本では、常に周りに意識があり、人の目を気にして周りが求める自分を演じているのではないでしょうか。

本来の自分を主張するのではなく、周りが思う「あなた」を常に演じなければならないために、本当に自分を好きにならないのではないでしょうか。

常に周りを気にしているのと同時に、常に人を評価している日本人。

だから日本人は自慢する人を否定して、「私なんて…」と、謙遜する人がいいとします。

海外の人たちは、自分からアピールしなければ何も見てはくれません。

なぜなら自分にしか興味がないから。

だから自慢が当たり前だし、自信なさげに謙遜などしていると舐められてしまいます。

まずは自分を好きになること。そしてそれをしっかり表現すること。

これが大切なのかも知れません。

自信とメンタルの強さの関係

自信がある=メンタルが強い

とは一概に言い切ることはできませんが、それなりに関係はあります。

メンタルに関する記事はこちら。

>メンタルを強くする方法は決して甘くはなかった

自信は、簡単に言ってしまえば誰でも一瞬で持つことができます。

自信を持つことに根拠はいらないし、思い込みでいくらでも簡単に手にすることができます。

一方でメンタルはそう簡単にはいきません。

メンタルは筋トレと同じ。

何度も繰り返して徐々に強くなっていきます。

それぞれの関連記事はこちら。

>世界は全て「主観」と「思い込み」である

>メンタルを強くする方法は決して甘くはなかった

これらは別々に身につけることもできるし、難易度もそれぞれ違いますが、 どちらか身につけば、それに遅れて付いてくるという相乗効果があります。

自信が付いてくれば、遅れてメンタルも強くなってきます。

メンタルが強くなれば、遅れて自信も付いてきます。

どちらが短時間でできるかといえば前者ですが、思い込みというのはなかなか難しいです。

だから、時間はかかるし辛いけど、後者の方が多いように思えます。

ただ、外国人は思い込みがとっても得意。

だからみんな自然と自信を持ち、メンタルも強くなっていくわけです。

頭が良すぎる故にあれこれと考えてしまう日本人は、なかなか自信が付かないということです。

どちらがいいかは本人次第

やたらと日本を否定して海外を肯定してるように書いてきましたが、冒頭でも書きましたが、全員が全員そうと言うわけではないです。

分かりやすくするためにそう言ってきましたが、それに加えて、どちらがいいというわけでもありません。

最初のアンケート結果では少し寂しく感じましたが、生きていて幸せにならなんでもいいんです。

自信を持ちたい!ももちろんいい。

別にこのままでいいや。ももちろんいい。

幸せを感じているのであれば、なんでもいいんです。

でも、もし幸せを感じることができていないのであれば、自信をつけることをオススメします。

外国人の友人で、周りから見ると馬鹿だなとあきられてしまうような人でも、思い込みの中に生きて、自信に満ち溢れているのでとっても幸せそうです。

周りがどう思うかじゃないんです。

頭でどう考えようがあなたの自由なんです。

それなら自信を持った方がお得じゃないですか?

まとめ

育つ国が違えばもちろん環境も違うわけで、そうすれば考え方ももちろん違ってきます。

でも、もしそれに満足してないなら、言い訳しないで、自分自身でいくらにでも変えることはできます。

「日本人だし..」「私なんか..」

全く関係ないです。自信は誰でも自由に簡単に持てます。

今日からあなたは変われます。

自己啓発カテゴリの最新記事