「完璧主義」をやめて、「ストレスのない完璧主義者」になりませんか?

「完璧主義」をやめて、「ストレスのない完璧主義者」になりませんか?



「完璧主義者」だから、毎日ストレスが溜まってしょうがない。

ちょっとしたことでイライラしてしまう。

私はまさしくそれでした。

そんな日々が嫌で嫌で、どうにかして「完璧主義」から脱出しました。

そしたらびっくり。

日々のストレスはかなり減りました。

「完璧主義者」から脱出する方法と、メリットをいくつか紹介していきたいと思います。

【関連記事】
>何事も続かない?習慣化するたった2つの方法

Advertisement

完璧主義者は意外とめんどくさがり

「完璧主義者」と聞くとなんでも完璧にこなすから、几帳面で、テキパキ行動して、というイメージですが、実はそうでもないんです。

全員が全員違うかと言われると、そう言い切ることはできませんが、少なくとも完璧主義に悩まされ、この記事を読んでる人は、実は「めんどくがり」なのではないでしょうか。

与えられた仕事や自分で決めたことが、イメージ通りにできないとストレスが溜まると思います。

だからと言って、その完璧までやろうとも思えない。

そしてさらにストレスとなるのが、そんな自分を許せない。

完璧主義で悩む原因は、実はめんどくさがりな自分が嫌という部分が一番大きいです。

それではその悩みはどのように解決すればいいのでしょうか。

そんな自分を受け入れる。必要はない!

ありのままの自分を受け入れる。

これはよく言われることですが、正直そんなことができれば誰も悩まないと思います。

誰もができて最も簡単な方法は自分の都合のいいように言い訳をする。

少し分かりにくいかもしれませんが、これを使いこなせるようになると、「ストレスのかからない完璧主義者」になることができます。

自分の都合で完璧主義な部分とそうでない部分に分けることで、かなりストレスは軽減されます。

自分の理想通りにできない自分を嫌になりそうになったら、なんでもいいから自分で言い訳を作って、勝手に納得してしまいましょう。

最初は少し難しいですが、繰り返していくうちにできるようになっていくと思います。

【関連記事】
>勘違い野郎になったら人生勝ち

誰にも迷惑はかからない

完璧主義であろうと無かろうと、それについて悩もうと悩まないと、全て自分の中での出来事なので、他人にはなんの迷惑もかかりません。

にもかかわらず、考えこんで勝手にストレスが溜まっていくのは、自滅感があって嫌じゃないですか?

誰にも迷惑がかかっていないと思えれば、自分の都合のいいように言い訳することをすんなり受け入れることができると思います。

まとめ

完璧主義をやめる必要もないし、できない自分を受け入れる必要もありません。

好きなときに好きなように、自分に都合のいいように言い訳をする。

無理に自分に厳しくなる必要なんてありません。

何事もそうですが、自分の都合のいいように解釈するのがストレス無く生きていくコツです。



自己啓発カテゴリの最新記事