理想と現実 「現実」とは

理想と現実 「現実」とは

「現実を見ろ」いろいろな場面で、幾度となくこの言葉を聞いたことがあると思います。では一体「現実」とはなんなのか。今回はそこを紐解いていきたいと思います。




 

まずは当たり前のこと

とりあえず、ドラえもんがいるとか、ポケモンがいるといったような、「空想」と「現実」の現実があります。

こんな分かりきったことは確認する必要はありませんが、一応確認しておきます。

瞬間移動ができるようになりたい!

と言って、現実を見ろと言われてもそれは仕方ありません。現実的に考えて不可能だからです。

しかし、調べてみると面白いもので、本当か嘘か分かりませんが、空を飛べる人はちらほらいるそうです。

面白いので調べてみてください。

否定したいとこですが、何があってもおかしくないと私は考えているので、信じてみようかなとも思います。

世界は全て「主観」と「思い込み」である


安定した職業につくことではない

学生が夢を語る時、現実を見ろと言われると、安定した職業につくことが現実という風に捉えてしまいますが、実はそうではありません。

現実とは、自分や自分の家族が生活していくことができるお金が得られるどうか、ということです。

例えば、安定した職業に就いたとして、お金が貰えなければ生活していくことはできません。

当然のことと言えば当然のことですが、意外と現実=安定した職業に就くという認識をしてる人が多いように思われます。

安定した職業に就かなければいけないという認識のままでは、

自分の本当にやりたいことを諦めて、なんとなく自分の進路を決めて、なんとなく就職して、結局自分は何がしたいのか、このままでいいのか、

というような悩みを持ってしまう可能性があります。

ならどうするのか。

理想と現実の両立です。

理想=自分のやりたいこと。

現実=お金。

と考えれば、そこまで不可能ではないと思いませんか?

生活費、税金、保険料など、生きていく上で欠かせないお金さえあれば、何をしたって自由なはずです。

遊び呆けたって、世界中を飛び回ったって、何をしたって構いません。

これは少し極端ですが。

日本を否定するわけではありませんが、日本人は仕事をするために生きている感じがします。

もちろんそれが自分のやりたい仕事ならいいでしょう。でももしそうでないなら。

実際に自殺をしてしまう人がいるのが今の日本の社会です。

私たちは決して仕事をするために生きているわけではありません。

海外の人たちは、自分の時間を好きなように過ごすために仕事をしている感がすごく強いです。

その分サービスは悪いので、どちらがいいとは言えませんが、自分のやりたいことをするというのは、自分の人生を生きていく上で一番大切になってきます。

そして、そのためにお金を稼ぐ。これが理想と現実の両立です。

 



人間が作り出した社会で生きること

私たちは地球という星に生きています。ほかの動物や植物と共存しています。

しているはずなんですが、人間は人間だけで地球で生きていると思っています。

残酷なことに、これは真実でしょう。

つまり、地球に生きているようで、人間が作り出した社会で私たちは生きています。

これは、きっと良くないことだし、改めなければならないことです。

しかし、それは理想であって、この現実は受け入れなければなりません。

人間は厳しい自然界を生き抜くために、他の動物より脳が発達し、社会を形成しました。

これは私たち人間が誇るべきことである一方で、ここまで地球を支配してしまったことを自覚して、考えを改める必要があると私は考えます。

しかしながら、私一人の力ではどうすることもできないこの現実。

何を言っても結局は人間が作ったルールやモラルの中で生きていかなければなりません。

この話に関しては、賛否両論もあると思いますが、

理想=地球に生きる。

現実=人間が作り出した社会に生きる。

ということを、頭の片隅に置いといていただけたら嬉しいです。

権力者やお金持ちが自分たちの住みやすい世界を作っている中で、その現実を受け止め、うまく生きていくことは必須だと私は思います。

 

幸せは理想の中にしかない

映画やドラマ、アニメ、漫画などで、人は感動したり、影響を受けたりします。

そしてその中には、基本的には現実を無視した理想の世界しか出てきません。

そして、それこそが本来の幸せであると私は思います。

お金で幸せにはなれない。本当に大切なのはお金ではない。

そう。その通りです。

私が思う本当の幸福は、大切な人と過ごす時間ですが、それ以外の幸福を考えても、お金はそれほど重要ではありません。

お金で本当に幸福を感じることはないでしょう。

しかし、お金で不幸を感じることはあります。

ここまでの話のまとめのようになりますが、これが全てです。

理想の幸せを手に入れるために、不幸の元凶である現実、つまりお金を稼がなければなりません。

お金がなければ、毎日を生きることに必死で、本当の幸せを感じることはできません。

お金さえあれば、生活の心配が無くなり、心に余裕も生まれ、多くの幸せを感じることができるのです。

理想の幸せを手に入れる手段として、現実をしっかりと生きなければなりません。

 

まとめ

理想と現実の両立。

理想だけを生きても、または現実だけを生きても、本当の幸せを感じることはできません。

理想の中にある幸せを感じるために、現実を生きなければならないのです。

とても難しいことではありますが、それも自分次第。

自分次第で、人生はどうにでもなります。

最後にこちらの記事も必ず合わせて読んでください。

理想と現実の両方しっかり理解することが大切です。

理想と現実 「理想」とは



 

自己啓発カテゴリの最新記事