世界は全て「主観」と「思い込み」である

世界は全て「主観」と「思い込み」である

 

今回は前置きはなしで。このことを、もし本当に理解することができれば、全てのことに置いての考え方が変わります。そして、世界が一気に違って見えるようになります。それでは一緒に見ていきましょう。

 




 

世界は全て主観でできている

今あなたは、白の背景に、黒の文字を見ています。それは私たちにとって当たり前の事実です。

人は3つの色覚から色を判断していると言われています。

 
しかし世の中には4つの色覚を持つ人もいれば、逆に2つしか色覚を持たない人もいます。
また、動物によっても色覚の数も違うし、同じ数だとしても、色の種類が違う場合もあります。

それぞれに色の見え方は大きく異なります。

 

 

「色覚 動物」などで検索していただければ、動物がどのように色を見ているかの例を載せたサイトがたくさん出てくるので是非見てほしいです。
 

 

ここで言いたいのは全てが事実であるということです。

人間から見えている色が正しくて、他の動物が見えている色が間違っているわけではありません。逆ももちろんそうです。

つまり、自分の見ているものが全てであり、世界であります。

悪い例になってはしまいますが、盲目の人にとっては、暗闇が世界なのです。

周りの人が、これはどんな色で、どんな景色で綺麗だよ。と言っても、その人の世界はただただ暗闇なのです。

「主観」と言うと、目に見えるものと思われますが、実は五感全てが主観と言えます。

例えばモスキートーン。

とても高音で、大人の耳では聞き取ることができない周波数を発するモスキートーン。

これは、鳴っていれば子どもからすればすごく嫌な音ですが、大人からすれば鳴っているのか鳴っていなかすらわからない。

美味しい不味いもそうですし、暑い寒いなど、
人はそれぞれに感じ取るものが違い、そしてそれらがあなたの思っている(見えている)「世界」を形成していきます。

全ての人に共通する世界は存在しません。

一人一人の目から見えている世界は全てが違い、しかし、それは間違いなく存在する世界なのです。

 

世界は全て思い込みでできている

 
自分の目で見えている世界が一人一人違うのであれば、人の思想、頭の中も一人一人違います。
 
思想が一人一人違うことは誰もが理解していることではありますが、それがその人の世界を形成していることに気づいている人は少ないのではないでしょうか。
 
まず簡単な例をあげれば、人によって好みが違うことです。

先程でも出ましたが、美味しい不味いもそうです。

あの人にとっては美味しいものでも、自分にとってはまずいもの。

自分の世界ではまずいものとして存在し、一方あの人の世界では美味しいものとして存在します。

 
この例では、なぜ思い込みが世界を作っているのかは少し分かりにくいですね。

思い込みという言葉だと少し難しいので、「自分の知ってる知識」と置き換えましょう。

ではなぜ見出しは「思い込み」なのかというと、
思い込みは自分の知ってる知識も含めて、感情や思考、精神状態など全てを含むからです。

 
極端な例を出せば、魔法や幽霊、これを信じる人はなかなかいないでしょう。

しかし、実際に魔法を使っているとこや、幽霊を見れば、自分にとって、この世界にそれらが存在することになります。

実際の話、私は数度UFOを見たことがあります。

それを友人に話せば、ほとんどの人が、はいはい。と、その一言で片付けてしまいます。

私の世界にはUFOが存在し、友人の世界にはUFOが存在しません。

つまり、人間は自分の経験や自分の目で見たことのあるものしか存在しないと考える性質があります。

現実的な話で言えば、子どもの頃は夢と希望でキラキラと輝いていた世界が、 大人になるにつれそれはただの幻想だと思っていく。

人によっては真っ黒に見えているかもしれませ。

しかし、世界は何も変わっていません。。

あなたが生きてきた経験の中で、世界がそのように、あなたの中で作られていくわけです。

精神状態で見た場合には、自分自身であっても違う世界と感じてしまう可能性があります。

「頑張って」と言われたときに、自分のその時の状況で捉え方が変わることがその一つです。

 
「頑張って」と同じ言葉をかけられたのに、
「よし、頑張ろう。」と思う時と、 「うるさいな。頑張ってるよ。」と思う時がありませんか?

決して周りの環境は変わらないのに、自分の思考や精神状態、つまり思い込みで捉え方が変わってきます。

これらをまとめた時思い込みが世界を作っていると言えます。


人間関係に活かす方法

 
アドラー心理学では、人の全ての悩みは対人関係と言われています。

そしてここで話す内容は、その中で言われている「課題の分離」という話にものすごく近いです。

というより、私なりに解釈をして、少し変えたもの、と言った方がいいかもしれません。

 

▼気になる方はこちらから▼
【書籍版】
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸せになる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え2 [ 岸見一郎 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)

 

【電子書籍版】

 

 

 

 

人間関係が楽になれば、人生自体がものすごく楽になります。

ではそれをどのように実現するのか。答えから言いましょう。

他人に求めない。

これだけで、一気に人間関係が楽になります。

先ほど「頑張って」という言葉について触れましたが、
言った側はもちろん相手を励ますつもりで言っていますが、受け取った側は快く思わない場合もあります。

「相手の気持ちを考える」とよく言いますが、これは不可能です。

今どんな感じの気分だ、ということは可能かも知れませんが、 人はそれぞれの主観と思い込みの世界で生きているので、他人の気持ちを理解することは100%できません。

受け取る側で言えば、相手が何を考え、どう思って発言したかは全く関係なく受け取ります。

お互いに気持ちを理解することは不可能なのです。

 

元気に見えるあの人は、実はすごい大きな問題を抱えているのかも知れないし、 すごく落ち込んで見えるあの人は、本当はすごい良いことがあったかも知れません。

それは本人にしか分からないことなので、いくら分かろうと努力しても、絶対に分かることはできません。

さらに言えば、分かろうとする必要がありません。

分かろうとしようがしまいが、あの人にはなんの関係もありません。

 
ここまで見ると、人に冷たくなればいいというように見えますが、決してそういうわけではありません。

求めない。たったこれだけです。

与えるが、求めない。

言うのは簡単ですが、難しい事ではあります。

ではどうやって実践するのか。

それぞれに住んでいる世界があることを理解することです。

一人一人違う世界で生きているのですから、あなたが思った通りに相手が反応しないことは当然のことなのです。

自分の世界で自分が何を思いどう生きるのかは、全て本人の自由。

それを理解していれば、相手に求めることもなくなり、腹が立つこともありません。

自分がこうしたんだから、相手もこうすべき。という考えは捨てましょう。

自分は自分の思った通りに行動し、相手も相手の思った通りに行動する。

今までと行動を変えることなく、頭の中でそう思うだけで、人間関係は一気に楽になります。

 
【関連記事】
>勘違い野郎になったら人生勝ち

 

引き寄せの法則について

 
「引き寄せの法則」聞いたことがあるでしょうか?

自分が頭で強くイメージしたものが実現する。

まるで魔法のような法則ですが、 実現するとまでは言い切れませんが完全に否定することもできません。

なぜなら、ここまで説明してきたように、私たちは自分の主観と思い込みの中に住んでいます。

つまり、逆に言ってしまえば思い込み次第で世界が変わるということです。

 
引き寄せの法則では、夢が実現すると言っていますが、絶対にそうなるとはさすがに思いません。
しかし、サッカーをやっていたら、野球選手にはなれないという例で考えてみれば、 まずは自分の世界の中に、自分の将来像を描くことをしなければ、そのことに関しては100%実現することはありません。

引き寄せの法則で夢を実現するのは、非常に難しいことではありますが、 まずは自分の将来像をイメージしないことには何も起こりません、お金持ちになりたい、と思っても、 お金持ちになれるかはわかりませんが、お金持ちになりたい、と思っていなければお金持ちになることは絶対ありません。

お金持ちになりたいって思ってなかったけど宝くじが当たってお金持ちになった。

買う時点でお金持ちになるイメージはかすかながらも絶対に浮かんでいます。

 
引き寄せの法則を肯定するほどではないですが、自分の思い込みを変えることによって、人生を大きく変えることは可能です。

ただ、思い込みを変えるというのは、とても難しいことですが。

 
 

【オススメ】
>PotencialSecret~潜在意識活用マニュアル~

 

まとめ

自分が住んでいる世界は「主観」と「思い込み」によって作られています。

つまり、「主観」と「思い込み」次第では世界を大きく変えることができます。

自分の考え方次第で人生が決まると言っても過言ではありません。というより、決まります。

もし今回の話を理解できた人は、もう一度他の記事を読んでみてください。きっと、また違って見えるはずです。

関連記事
>「引き寄せの法則」というより、自分の思考が現実になるのは当たり前

 


 

自己啓発カテゴリの最新記事